2種類の自動車保険とは

大きく分類すると自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。
自動車保険は保険会社によって違っており車保険等と言う事もあります。
自賠責保険は自動車やバイクを購入する時に必ず加入が義務付けされている保険で、自賠責保険に加入しないとナンバープレートを貰う事ができないので購入はできても自動車を走らせる事はできません。
自賠責保険は法律の自動車損害賠償保障法で定められているものです。
自賠責保険に加入していない状態で自動車を運転すると、厳しい罰則をかせられる事になるので、自賠責保険には必ず加入する事が大事となります。
任意保険は任意に加入する事ができる保険で、加入しないと自動車を運転できないと言ったものではありません。
しかし、自賠責保険からでる保険金のみでは、損害賠償額に足りない事があるので自賠責保険の不足分を任意保険でカバーすると言った考えで加入する方が多いようです。
自動車保険も一般的な保険と同じで、災害や事故等で死亡したり怪我をした時に発生する経済的な不安を無くす為に、多くの方が、保険料を支払って、その保険料を資金として、災害や事故を起した方に一定額の保険金を給付するものです。
保険は火災保険、生命保険等の多種多様の保険がありますが、自動車保険は、自動車事故を起して発生した損害賠償を保障してくれる保険となっています。
自動車保険は自動車事故を起した時に、相手の自動車を壊した場合や相手に怪我や死亡させ、損害賠償を請求された時に、損害賠償支払ってくれるものです。
自動車保険には、自賠責保険と任意保険があるのですが、自賠責保険に加入する事で、事故をおこした場合でも自賠責保険が保障してくれるから大丈夫と考えている方もいるようですが、この考え方は大きな間違いといえます。
自賠責保険に加入しても全ての事故に対して、損害賠償額の全額が保障されるものではありません。
事故の内容によって保障されたり、保障されても損害賠償額には足りない場合があります。
最近は、訴訟時代とも言われており、損害賠償額も高くなる傾向にあるので、自賠責保険の保障だけでは、足りないケースが多くなっているので、任意保険に加入して、不足分を補う事が大事となります。
大きな事故を起すと損害賠償の支払いで経済的に苦しくなる事が予想されるので、リスクを回避するためにも任意保険に加入する必要があります。
また、任意保険に加入する場合は自賠責保険で保障される内容をしっかり把握して、不足する分を任意保険でカバーするような保険に加入するとよいです。

Copyright (C)2014真面目に選ぶ自動車保険〜更新を機に最適な保険選びを〜.All rights reserved.